テープギャグ

定義

定義-何をする テープギャグはどういう意味ですか?



テープギャグは、多くの場合BDSMの活動中に、従順な性的パートナーの声の活動を制限する口の上のギャグです。テープギャグは、ダクトテープ、PVCテープ、ガファーテープなど、口を覆って密封できる粘着テープでできています。ほとんどのテープギャグの幅は2〜3インチで、着用者の口を完全に覆うことができます。



キンクリーは説明する テープギャグ



テープギャグを着用すると、従順なパートナーがより無力になり、より興奮するようになります。支配的な個人は、テープギャグを着用しているパートナーと、ギャグを着用しているときにこの人が発する音を見て目覚めます。

一部の従順者は、特に屈辱的なプレイ中に、一種の罰としてテープギャグを着用することを余儀なくされる場合があります。テープギャグは、誘nシーンやブレイクアンドエンターシーン、レイプファンタジーなど、ロールプレイングシーンに信頼性を追加することもできます。



テープギャグは、入手が容易で入手しやすく、適用が簡単なため、人気があります。ただし、着用者がテープを吹き飛ばしたり、口をくねらせたりすると、テープギャグは簡単に取り外せます。着用者の頭に巻き付けるのに十分な長さのテープでできていれば、その効果を高めることができます。顎の下から耳へと流れるギャグは、顎の動きを制限するため、非常に効果的です。テープギャグは、スタッフギャグと組み合わせると最も効果的ですが、スタッフィングが窒息の危険をもたらす可能性があるため、安全性のリスクも高まります。

テープギャグが唇の敏感な肌を刺激する可能性があることに注意することが重要です。テープギャグは、休眠熱水疱またはヘルペスを炎症させることもあります。テープギャグを頭に巻き付けると、テープギャグを取り外したときに髪が裂けることがあります。テープギャグを取り巻く安全性の懸念は、ギャグを長く置いておくと増加します。